×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インテリアデザイン考察

 

インテリアを学ぶには

前項で述べたインテリアプランナーやインテリアコーディネーターだけでなく、インテリアショップなどの販売員やバイヤー、マーチャンダイザーなどインテリアに携わった仕事もたくさんあります。
専門の知識を要するものもあれば経験を積みながら上級職を目指すものまで多様ですが、「インテリア」を自分の仕事にするためにはどういった勉強が必要になるのでしょうか。

芸術系大学・短大や専門学校

大学・短大は生活造形学科など、大きな学科のなかにインテリアデザイン学科、プロダクトデザイン学科などが設けられ、専門学校はインテリアコーディネーター科やインテリアデザイン設計科など、さらに細分化したカリキュラムが組まれています。
建築やデザインの学科が併設されている場合が多く、インテリアや建築に関する情報や人間が集まる交流の場としての側面も持ち合わせており、編入制度を設けたり、学生の作品展示会が行われるなど活気があるのも魅力です。

また、短期間での資格取得を目標としたスクールも多く、インテリアコーディネーター一次試験対策など、局地的な対策を講じている所が大半です。
資格取得を考えているのであれば利用を検討するのもよいですね。

インテリアやインテリアデザインに携わった仕事につくためには、何かの資格や経験が必要であったりしますので専門的なカリキュラムを組んだ学校における勉強は必須となります。
もちろん独学でも希望の職種に就くことは可能です。
ただし、インテリアデザインというものがビジュアルデザインや色彩、立体や工業製品、空間をコーディネートすることに密接な関係を持っている以上、それなりの覚悟を持って臨まなければなりません。

このサイトを通じて皆様のインテリアデザインへの疑問が少しでも晴れれば幸いです。

All contents copyright (c) 2005 インテリア インテリアデザイン project All rights reserved